ニキビの段階別ケア

普段からニキビをしっかりと予防していたとしても、どうしてもできてしまったという人もいると思いますが、やはり最も有効的なニキビのケア方法は、薬を使用することです。しかし、むやみに薬を使用しても意味がありませんし、ニキビの種類によっても使い分ける必要があるので、まずはニキビの種類をしっかりと理解しておく必要があります。

ニキビは大きく4段階に分けることができるのですが、でき初めのニキビは白ニキビと呼ばれていて、この状態であれば市販の薬でもケアすることが可能ですし、少量であればしっかりと洗顔することでも治癒する可能性があります。しかし、ニキビを潰したり、不潔にしておくと更に悪化してしまうので注意しましょう。

白ニキビが更に酷くなってしまうと、今度は赤ニキビと呼ばれている種類になるのですが、赤という名前が付いていることでわかるように、患部が炎症を起こしている状態となるので、ここまで悪化してしまったら、やはり病院へ行って診察してもらい、薬を処方してもらうようにするのが効果的です。

そして赤ニキビを更に放置しておくと、毛穴に角質が詰まってしまう黒ニキビになるのですが、ここまで悪化してしまうと、ニキビが完治しても跡が残ってしまう可能性が高くなるので、必ず皮膚科を受診しなければいけません。ちなみにニキビは病気と認識されているので、健康保険が適用されるので安心です。 そしてニキビの最終段階と言われているのが黄ニキビで、簡単に言えば患部が化膿している状態です。ここまで来ると薬だけではケアできないので、レーザー治療などを用いる必要がある場合もあるため、きちんと普段からケアしておくことが大切です。

▽特選サイト
今話題のニキビケア商品をわかりやすく比較している情報サイトです>>>ニキビケア

 

Copyright © 2014 ニキビケアの方法について All Rights Reserved.